日本に登場した春秋航空って!?

mp900399852-300x199

「春秋航空日本が気になる」といった人もいることでしょう。春秋航空日本は中国に拠点を構える企業となっています。本社は上海市にあり、上海虹橋国際空港の第一ターミナルが主な拠点となっています。
春秋航空日本は2004年に設立された航空会社です。比較的新しい航空会社となっています。この春秋航空日本は中国で初となる民間資本の航空会社です。設立当時の資金は8000万元だそうです。

2010年からは日本にもチャーター便を就航されています。第1号となったのが茨城線です。茨城と上海を結ぶ路線が就航しました。その後日本各地に就航が増えつつあります。春秋航空日本は要チェックです。

PR:春秋航空日本の格安航空券を予約するならスカイチケット(https://skyticket.jp/springjp)

春秋航空日本は日本だけだと思っている方も多いですが、実は海外にも飛んでいます。特に春秋航空日本で人気の路線は上海です。上海へまだ行かれたことがない方はこの機会に春秋航空を使って行ってみてはどうでしょうか?上海は見所が多数あります。また中国の中でもかなり都会です。
上海でおすすめのエリアと言えば「外灘 (バンド)」です。ガイドブックでもおなじみの場所です。みなさんの中にもご存知の方もいることでしょう。外灘は上海らしさを味わう上で最高の場所です。ここは歴史的建造物も多く立ち並んでいます。高級ブランド店についてもけっこうあります。またヨーロッパのようなおしゃれなレストランもあります。

img_7141_s

その一方、庶民的なレストランや酒屋と書いた現地の人向けのホテルもあります。ローカルとハイソが入り混じったかのような街です。ここではスリにあったという観光客の例もいくつか報告されています。スリには十分気をつけて行動しましょう。特にガイドブックを見たり、何かに気をとられているときは要注意です。そうしたときは泥棒が狙いやすい隙となっています。テレビ塔や高層ビルなど現代風の建物も多く見られます。これらについても見学しつつ楽しみたいところです。
「豫園(ヨエン)」についてもおすすめのスポットです。ここはとても綺麗な庭園となっています。日本の明治時代に作られたもので上海でも人気の観光地です。ここは
日本人も多く立ち寄るスポットなのだとか。もしかしたら日本人の姿も見かけるかもしれません。

豫園は散歩がてらに行くのもおすすめです。このあたりをゆっくり散策したら「豫園商城」に行くのもよいでしょう。ここは食事や買い物などを満喫できます。豫園については保存も厳重にされています。中国の中でも由緒ある建物として君臨していることがわかります。庭園や建物を見ているだけでも楽しめるかと思います。春秋航空でいくのであれば上海もできればゆっくり観光したい場所です。冬は寒いので、春か秋が良いかと思います。それこそ春秋航空といったところでしょうか。

もちろん春秋航空日本は日本国内から海外までたくさんの出航ルートがある為、まずは旅の計画を立て、そして春秋航空日本の格安航空券を予約してみてはいかがでしょう。

お得!春秋航空のチケットが安い

春秋航空日本株式会社のチケットが安いことでも有名です。詳細は公式サイトを見てください。日本各地にも就航を広げており、ますますアクセスが便利となっています。特にキャンペーンを開催しているときは破格の提供となっています。安いチケットを探すのであればLCCのキャンペーンを狙うのがベストです。
春秋航空日本株式会社のフライトは上海が中心となっています。中国旅行初心者であれば上海は一押しです。

上海は環境も整っており、旅行についても快適にすることができます。また見所も多いです。
上海でぜひ行ってほしいのが「上海環球金融中心」です。こちらは「上海ワールド・フィナンシャル・センター」とも言われています。ここのビルは森ビルが開発を手がけています。高さ492m101階建となっており、かなりの超高層ビルです。ここは世界で1番高い展望台となっています。(2016年現在)
中国は自転車が多いなんてイメージを持っている人もいるかと思いますが、上海は高級外車がバンバン走っており、セレブの街でもあります。日本の地方より都会だと感じる人も多いことでしょう。中には東京以上の都会だと表現する人もいるほどです。

展望台についてはぜひ足を運びたいスポットの1つです。特に天気が良い日に訪れるのが良いでしょう。天気が良い日は遠方についても見ることができます。夜景についてもおすすめです。街がライトアップされていて、とても綺麗です。ここの展望台は360度タイプとなっています。ぜひ1周見渡してみましょう。
上海と言えば上海雑技も見たいといった人が多いことでしょう。上海雑技なら「上海馬戯城(シャンハイバギジョウ)」がおすすめです。こちらは最新の舞台を活用しており、西洋のサーカスも取り入れ斬新な演技を見ることができます。ツアー客ももちろん多く訪れるスポットです。チケットは個人でも購入できるので、旅行代理店などでお願いするといいでしょう。

どういった芸をするのか?というとワイヤーアクションやコップ頭のせ、つぼ回しなどがあります。昔懐かしい芸だと感じる人もいますが、ここは上海、かなり本格的な演技を見ることができます。子供たちからも大人気で思い出に残る鑑賞となることでしょう。

もし時間に余裕があるのであれば先に伝統的なステージを見るのもおすすめです。そして最後にここを見るのがベストかと思います。
上海は大人だけではなく、子供も楽しめる場となっています。動物園もあるのでそちらもあわせて行ってみるといいでしょう。みなさんにとって良い旅になりますように。

初めての春秋航空の利用について

春秋航空日本の利用について検討されている方もいることでしょう。日本には2010年から就航しており、上海行きのLCCとなっています。まだ利用されたことがない方はこの機会に春秋航空日本の利用を検討してみるのもおすすめです。

上海はとても大きな街でいかにもアジアといった雰囲気が得意ではないといった方にもおすすめの場所となっています。なぜ上海はおすすめかというと、日本に匹敵するレベルでかなりの都会だからです。日本だと東京のイメージで高層ビルが多数立ち並んでいます。
上海でぜひ行ってほしいのが「南京路」です。ここは上海の中で屈指の繁華街となっています。ただ1つ注意してほしいのが泥棒などの被害です。観光客を狙ってスリや詐欺をする人もいます。残念な話ですが観光地ではしょうがないことでもあります。身のまわりのものには十分気をつけて行動しましょう。
ここは定番の観光名所でもあります。みなさんは「人民広場」という名前を聞いたことがあるでしょうか?教科書などで見かけたことがあるといった人もいるかもしれません。

人民広場は東と西に分かれています。西は高級ホテルが多く、東は散策するのにピッタリです。こうした風景の違いもまた上海ならではといえます。
上海にきたらここはぜひ訪れてみるといいでしょう。夜はライトアップがなされ、また違った趣があります。バンドの夜景は綺麗だと評判ですが、ここもおすすめのスポットです。

上海では「旧フランス租界」についてもおすすめです。ここは上海ですが、まるでヨーロッパにいるような空間となっています。ここの周辺にはおしゃれなレストランやショップが多数点在しています。地元の人たちからも愛されるスポットです。街の至るところにプラタナスの街路樹があります。上海は中国の中でも緑が強化されている街でもあります。また近年は新しいビルの建設も進んでいます。昔訪れたことがあるといった人も、違う印象を受けることでしょう。

「新天地」についてもモダンなエリアです。ここではおしゃれな雰囲気が漂っています。それもそのはず、旧フランス租界の建物を修復しており、街並みも整備されています。ここではちょっと変わったお店もいくつかあります。お土産選びにも最適です。カフェでお茶をするのも良いでしょう。カフェは北側にあります。モールは右側です。
ここの歩道は石畳となっています。まるでヨーロッパを散策しているかのような気分になることでしょう。
実際に上海を訪れて上海の空気に触れてみてください。

春秋航空に乗ってみたい

「春秋航空日本に乗ってみたい」といった人もいるかと思います。春秋航空日本は日本から上海に就航しており、LCCとしてもおなじみとなっています。中国に行きたい人で最寄の空港に春秋航空日本が就航しているのであれば、ぜひ利用してみるといいでしょう。
上海には数多くの観光スポットが点在しているので、どこに行こうか考え中といった方もいることでしょう。

そんな人におすすめしたいのが「上海孫中山故居記念館」です。上海孫中山故居記念館は中国革命の父と言われている孫文が過ごした洋館です。孫文が過ごしたのは晩年となります。ここは中国の中でも近代を感じることができるスポットです。旧フランス租界のエリアにあります。
ここは孫文が実際に暮らした洋館を見学することが可能です。建物を見ているだけでも面白いかと思います。興味があればここを見てみるのも良いでしょう。このあたりは雰囲気も良いので散策してみるのもおすすめです。

上海の街にはまるで中国ではない一角があります。それがこの周辺です。この周辺には旧フランス租界時代の建物が多く点在しており、建物についても趣があります。香山路周辺を目指すといいでしょう。

「上海宋慶齢故居」についてもお勧めスポットです。ここは中国近代史の舞台でもあります。ここのお屋敷は当時の様子がふつふつと伝わってきます。ここは宋慶齢が暮らした場所でもあります。宋慶齢は孫文の奥方で、孫文が亡き後ここで暮らしたといわれています。ほとんどが宋慶齢が暮らした当時のままで残されています。
上海の歴史上欠かせない宋3姉妹についても要チェックです。入り口の警備なども厳戒態勢が整えられていました。
ここは旧租界時代の歴史を知る上でもおすすめのスポットです。時間的に可能であればこちらにも立ち寄ってみるといいでしょう。

「田子坊」についてもおすすめのスポットです。ここはショッピングにも最高の場所です。ぶらぶら見ているだけでも楽しめる場所かと思います。このあたりは上海のおしゃれっ子たちにとっても絶好のスポットです。おしゃれな雑貨屋やカフェなどが立ち並んでいます。お土産探しにもピッタリなエリアです。ショッピング好きの人はぜひここにも立ち寄ってくださいね。
ここは古い街並みがまだ残っているスポットでもあります。こうしたスポットは上海ではどんどん少なくなっていて、ここもいずれ開発されることでしょう。今のうちに懐かしい雰囲気が残るスポットに足を運んでみるといいでしょう。きっと思い出深い旅となるのではないでしょうか。

春秋航空を利用してみたい

「春秋航空日本を利用してみたい」といった人もいることでしょう。この機会に利用してぜひ上海入りを果たしてください。上海は女性にも楽しめるスポットが満載です。東京並みの都会ですが、周辺には昔懐かしいスポットも残されています。また上海料理は日本人の口にとてもよくあいます。美味しい食べ物を満喫したいところです。

春秋航空日本はチケットも安価で上海入りにも便利です。この機会に春秋航空日本のサイトをチェックしてみましょう。
「魯迅公園」についても上海入りの際にぜひ立ち寄ってほしいスポットです。魯迅公園は日本とも関係性が高い魯迅に関する場所であり、記念館やお墓などがあります。ここはとても広い公園です。子供たちが散策しても楽しい場所かと思います。

ここでは上海の日常を見ることもできます。公園では太極拳などが行われており、活動の場でもあります。時間に余裕があればぜひ立ち寄ってみてください。
ここは太極拳だけではなく、ダンスや二胡なども行われています。中にはカラオケをしている人の姿も。ローカルな人々の暮らしを目の当たりにできる場所です。
太極拳は朝5時くらいからスタートします。朝早く目が覚めたときはここに行ってみるのもよいでしょう。また春節の時期もおすすめです。春節の時期は綺麗な飾りがされています。1年を通じて違った顔が見られるので、この機会にぜひ行ってみるといいでしょう。

「上海動物園」についてもおすすめのスポットです。中国といえば「パンダ」を連想される方もいることでしょう。
ここにももちろんパンダがいます。また早朝から空いているスポットです。朝早めのほうが気温も落ち着いていますし、気分よく見学できることでしょう。人も少ないので動物たちをゆっくり見ることが可能です。
ここはパンダだけではなく、トラなどもいます。中国の動物たちが多くいるのでぜひ立ち寄ってみてください。
ここはとにかく広い敷地なので半日はあっという間に経過してしまいます。可能であれば1日滞在と思い、見学するといいでしょう。
動物があまり好きではない方も動物園はおすすめの場所です。動物園では新たな発見もあるかと思います。動物たちの様子を見ているのは想像以上に楽しいものです。

上海はショッピングや動物園など色んなスポットがあります。公園などでは地元の人達の日常を見ることも可能ですし、なるべく長めの日程で滞在したい場所です。この機会に上海行きを検討してみてくださいね。